2016年9月9日

9月9日。「九」という陽の数が重なることから重陽(ちょうよう)といいます。

images1

皆さん
こんにちは
半田市の青山にてご結婚式と貸切でのご宴会をお承りさせていただいております、アオヤマカフェと申します。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
当館ではご家族様での「家族挙式」もお承りさせていただいております。
ご予定のお客様はどうぞお気軽にお声をおかけくださいませ。
さて、9月となりました。新学期をスタートした方も多くいらっしゃるかと思います。
この夏はどのような思い出がございましたでしょうか。
夏の疲れから体調を崩しがちの時期でもあります。
どうぞ御自愛くださいませ。

さて、9月9日は「九」という陽の数が重なることから重陽(ちょうよう)といいます。
ご存知でしたか?
昔、中国では奇数を陽の数とし、陽の極である9が重なる9月9日は大変めでたい日とされ、菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長命を願うという風習がありました。
日本には平安時代の初めに伝わり、宮中では観菊の宴が催されました。
菊の節句、菊の宴とも言われています。

収穫の時期にもあたるため、庶民の間では「栗の節句」としてお祝いをしていました。
今も、太宰府天満宮の秋思祭(しゅうしさい)など、各地で菊を愛でる祭りや行事が催されています。