2017年5月29日

旬の食材紹介。本日は鰹です。


皆さん
こんにちは
半田市の青山にてご結婚式と、2次会、貸切での歓送迎会や同窓会をお承りさせていただいておりますアオヤマカフェと申します。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
当館では80名様程度のゲストでご結婚式をご予定のお客様から、ご家族様での「家族挙式」もお承りさせていただいております。
ご予定のお客様はどうぞお気軽にお声をおかけくださいませ。

また、アオヤマカフェでは、私達と一緒にお店を作り上げていただけるスタッフを募集しております。
経験や年齢は不問ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
お待ち致しております。

さて、本日ご紹介させていただく食材は鰹です。
日本書紀や万葉集にも登場するほど、古くから食されていた魚。生で食べるようになったのは江戸時代の中頃です。
2月頃から夏にかけて太平洋を北上するものを「上りカツオ」といい、中でも5~6月のものは「初鰹(はつがつお)」と呼びます。
江戸時代は、大金を払ってでも「初鰹」を食べることが粋だとされていました。
夏をすぎ、北から南下してくるものを「下りカツオ」(戻り鰹)といいます。
●旬:5~6月頃。 ※秋(9~10月)にも旬があります。
●栄養:たんぱく質、イノシン酸などが多く、血合いにはビタミンB1、B2、D、鉄分を多く含んでいます。
●選び方:縞模様がはっきりしているものを選びましょう。
●下ごしらえ・調理法:たたきや刺身でいただくことが多いと思いますが、照り焼きや角煮にしてもおいしいですよ。
●保存法:鰹の身は空気に触れると変色します。すぐに調理しない場合は、皮をつけたままラップに包み、冷蔵庫に保存しましょう。

是非お試しください。