2017年4月30日

旬の食材紹介。本日は玉ねぎです。


皆さん
こんにちは
半田市の青山にてご結婚式と、2次会、貸切での歓送迎会や同窓会をお承りさせていただいておりますアオヤマカフェと申します。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
当館では80名様程度のゲストでご結婚式をご予定のお客様から、ご家族様での「家族挙式」もお承りさせていただいております。
ご予定のお客様はどうぞお気軽にお声をおかけくださいませ。

さて、4月も最終日となりました。
この4月から新生活をスタートさせた方も多いのではないでしょうか。
そろそろ新しい環境にも慣れてきたのではないでしょうか。
皆様の新しいステージでのご活躍を心からお祈りいたしております。

さて、本日ご紹介させていただく食材は玉ねぎです。
肥大した鱗茎を食用にする野菜です。
辛み品種と甘み品種がありますが、一般によく出回っているのは辛み品種です。
●旬:5~6月頃
●栄養:ピリッとした特有の刺激は揮発性の硫化アリルによるもの。調理中に涙が出るのも、この揮発成分が目の粘膜を刺激するからです。
熱をくわえると刺激成分はなくなります。この硫化アリルには善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
ねぎ類に共通して含まれるアリシンという香り成分はウイルスから体を守り、ビタミンB1の吸収を高めます。
●選び方:丸みがあるものを選びましょう。皮はよく乾燥していてつやのあるものが良いです。
新玉ねぎは首の部分が締り、あまり白すぎないものを選びましょう。
●下ごしらえ・調理法:切ってすぐに調理せず、20分くらい空気にさらしましょう。血液サラサラ効果が高まるそうです。
●保存法:冷蔵庫ではなく、風通しのよい冷暗所に保存しましょう。新たまねぎは水分が多く、痛みやすいので要冷蔵です。